専門的な技術が生きる時代|アイ・ウォント・資格

なるために必要なこと

ネイリストになるために必要なこととは

ネイリストになるにあたって、必須とされる資格はないとされています。 しかし、何の知識や技術もなく施術をすることは事実上不可能です。 そこで、多くの人はネイルスクールに通うかもしくは通信講座で学び、そこで基本的な知識と技術を習得しています。 中でも人気なのは、ネイルスクールです。 ネイルスクールであっても通信講座であっても、必要な知識や技術を学ぶ座学は変わらないとされていますが、実際に施術する実技はどうしてもネイルスクールに一日の長があるとされ、また講師のテクニックを目で見て覚えることができるメリットもあるからと言われています。

ネイリストの資格と将来について

ネイリストに資格は必ずしも必要ではないとされていますが、資格を持つことで基本的な知識と技術を習得したという証になることから、就職の際に有利になると言われています。 そのため、ネイルスクールの多くは卒業までにネイリスト技能検定に合格し、資格を取得することを目指しています。 資格を取得してネイルスクールを卒業すると、いよいよネイルサロンに就職することになりますが、すぐに一線に立つことはあまりなく、ほとんどが先輩ネイリストの見習いにつき、そのテクニックを目で見て覚え、また来客とのコミュニケーションの取り方を学んでいきます。 これらを習得していき、やがて一線に立ちますが、多くの人はそこからさらに独立して開業を目指します。 開業するにはさらに高い技術を学ぶため、ネイルスクールの上級コースに再度通い、上級資格を取得したり、経営のノウハウを学ぶ人も多いとされています。